【在宅ワーク】スタートする前に心がけておきたい事

新型コロナウイルスの感染が拡大していますが、新型コロナウイルスが初めてニュースで報道されて間もなく、可能な限り在宅でお仕事をするように、と政府からお達しがあってから3年目でしょうか。

 

中には仕事を失って在宅ワークを始めようかと考えている方もいらっしゃるかもしれません。もちろん当時もそう考えて在宅ワークをスタートした方もいるでしょう。ところで、在宅ワークを始めて何を思われたでしょうか。

 

もしもうまくいかなくて悩んでいる方がいたら、在宅ワークをおよそ15年続けている私が少しだけお手伝いできたらなと思います。今回は心得について話しますね。

 

在宅ワークってそもそも簡単なものじゃありません

皆さんは在宅ワークというとどんなことを想像されたでしょうか。もしかしたら意外と簡単で、外で働くよりも楽して稼げるのでは?と考えていないでしょうか。そんな人がいるとは思いませんけれど、もしも簡単にできると思っているのだとしたら、それはちょっと違うかなと思います。

 

在宅ワークは外で働くのとは違って相手の顔が見れません。自分の顔も知られなければお付き合いもないので、気楽なものかもしれません。ですが、同じように相手のことも何もわからず、相手の提示しているプロフィールだけが頼りになります。

 

つまり相手が本当のことを言っているかどうかの確認もできないのです。しかも報酬は納品が済んでから支払われることになります。なので以前は納品したら連絡が途絶えたなんていう話もよく聞きました。もちろん長い付き合いの中で、お金が足らなくて支払いが遅れたこともありました。

 

その時のクライアント様はとてもしっかりとされた方で、後でしっかりお支払いいただけましたが、そんな律儀な方ばかりとは限りません。つまり外で働くのと同じように在宅ワークも非常に難しいものなのです。それだけを頭に入れておくと良いですね。

 

顔が見えないからこそ厳しいやり取りになるケースも多い

これは実際に私がお付き合いさせていただいたクライアント様のお話ですが、かなりやりとりが厳しい方でした。なので、私は「どんな記事を欲しいのか、何を書いて欲しいのかをはっきりと教えていただきたい」とお話し、詳しく教えていただけたのでご希望の記事の納品をしました。

 

すると、顔が見えずちょっと強くいうとすぐ連絡が取れなくなるので、ついいつものように対応してしまい申し訳なかったと言われました。なるほど、とその時に思ったものです。

 

なので、強くあたるクライアント様もいるので、そのときには感情的にならずに要望を聞く、そしてできるだけ寄り添えるような記事の作成ができるようにすると、信頼関係を築ける可能性が大きくなります。

 

今回は、在宅ワークは外で働くのと同じくらい大変で、外で働くときよりもメンタルが傷つくことがある、そんなお話をしてみました。不定期の更新になりますが、在宅ワークを検討されている方は、ぜひまたお付き合いいただけると嬉しいです。

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ふるさと納税デビューのその前に基本を知ろう! 何かと今話題になっていますよね。大手ショッピングサイト…
ページ上部へ戻る