【私が見た夢】道の夢の意味

【私が見た夢】道の夢の意味

夢の中でよく道が出てくるのですが、皆さんはどうでしょうか?もちろん道が出てくる夢のシチュエーションや場所は違いますが、強烈に印象に残る夢も多かったので、今回は道に関する夢の意味を紹介します。

道の夢に隠された意味とは

夢の中の道は人生そのものを表すようです。人生は考え方や進む方向によって結果がどんどん変わっていくものです。それは例えると枝分かれする道そのものですよね。

もしも道の夢を見たのなら、その夢の道はどうだったのかやどこの道だったのかによって、人生の重要な分岐点を教えてくれていたり、乗り越えるためのアドバイスを教えてくれるので、シチュエーションをよく思い出して夢の意味を知ってください。

また、道が夢に出てきたときには、あなた自身が先に進もうとしている証拠でもあるので、何か大変な時期であっても問題を解決するパワーがある!と教えてくれています。そして道の夢を見たら順調にいっていても慎重に進むと良いらしいです。

行き止まりの道の夢の意味

何か目的のために頑張っている方が道の夢を見て、その道の先が行き止まりだった場合には、そのまま進んでも良い結果にはつながらないので、方向転換した方がいいと教えてくれているようです。

失敗する前に行き詰ってしまうのを教えてくれているので、非常にありがたい夢ですよね。対策をどうすればいいのかはわからないので、夢の中に出てくる何かヒントになるものを思い出してください。

凸凹やぬかるんでる道の夢の意味

困難な道を進んでいるののあらわれです。すごく大変な道だと進むのが嫌になってしまうかもしれませんが、そんなときでも立ち向かって行けば未来が開けると教えてくれています。

進めば行けない道はない!そのまま進めば成功するぞ!という解釈でいいと思います。でもかなり大変なときに見る夢みたいなので、そんなに簡単に進めるわけないだろ!と思う方もいるかもですね。

道路に人が立っている夢の意味

夢の中で道路に立っている人が知人だったら、その人が大変な時期でも見放さず力になってくれる人です。何か辛いことが起こったり悩んだりしたときに、思い切って相談してみたら道が開けるかもしれません。

もしも気になっている異性が道に立っていた場合には、ひょっとしたら人生を共にするパートナーかもしれません!同性だった場合でも大親友になったり、自分の人生に深いかかわりを持つ人かもしれないらしいです。

いかがでしたか?道の夢には人生に深く係わる重大な意味があったり、人生の岐路とか分岐点であることを教えてくれている可能性もあるので、辛い時期の方が見たら負けずに頑張ってください。

では私が実際に見た道の夢を一つご紹介します。お時間がある方はぜひ読んでいってください。

私が見た夢

へびの夢で二又に分かれた道の夢を見たとお話しましたね。それが一つ目の道が出てくる夢です。そして今回お話しするのが池の夢に出てきた道の夢のお話です。

夢の中で私は車に乗っていて、運転しているのはおじいさんというか……。中高年の男性でした。白髪で白いスーツを着て白い帽子をかぶっていました。その男性が運転する大きな車に乗って道を走っていました。

で、しばらく走ると道路の左側にマンションがあって、そのマンションと道路の間に小さなまん丸い池が出てきます。その池の近くで停車してボートを借りて池で休憩しました。

池はまん丸で水が非常にキレイで透明、そして蓮の花が満開でした。ただ気になったのは水が冷たい印象だったです。でしばらくボートで遊ぶと男性は「そろそろ行かなければ」と言います。

ボートを下りて車に乗ろうとすると、男性は「ここからは自分ひとりで行く」と言い、車でまっすぐな道路を下っていきました。夕日がとてもキレイでまっすぐ下った道の先には小さな町がありました。

そこで目が覚めました。不思議な夢だなぁと思ったのですが、実はその日に叔父が亡くなったことがわかり、夢と何か関係があったのかな?と今では思っています。

今回もありがとうございました。こんな感じでこれからも私が実際に見た夢と、気になったので調べた夢占いを紹介していきます。

 

コメントは受け付けていません。